ウイルス対策

 

 

 空気活性清浄器サリール から、放出される

 低濃度オゾンと大量のマイナスイオンの混合気体は

 優れた酸化力でウイルス対策が期待出来ます。

 

 あなたの大切な家族を、ウイルスから守ることが

 大いに期待することが出来ます。

 

 

 

風邪やインフルエンザの感染経路は、主に次の3つです。

 

1.飛沫感染

新型コロナ患者やインフルエンザ患者が咳やくしゃみをすると、感染力のあるウイルスを含んだ飛沫が、3~5メートルくらい飛び散ります。

この飛沫が周囲の人の鼻や口に入り込むことで感染するのが「飛沫感染」です。
飛沫は会話の際にも飛び散るので、マスクをするなどの対策が欠かせません。

2.接触感染

新型コロナ患者やインフルエンザ患者患者さんが咳やくしゃみをする際に手で口を押さえると、感染力のあるウイルスを含んだ飛沫が手につきます。そのまま周囲のドアノブやスイッチ、つり革などにさわると飛沫が付着します。その部分に他の人が触れ、目や鼻、口などをさわることで感染するのが「接触感染」です。

3.空気感染

新型コロナ患者やインフルエンザ患者さんから飛び散った飛沫の水分が蒸発すると、感染力を保ったままの状態で、長時間、空気中を漂うことができる微粒子(飛沫核)になります。
これを周囲の人が吸い込むことで感染するのが「空気感染」です。

『SOYOCA』は、各種ウイルスを抑制します。

次のような特長を持つ空間除菌消臭器『SOYOCA』は、室内に漂うウイルスを抑制することが

できます。

1,低濃度オゾンと大量のマイナスイオンの混合気体は、強力なウイルス除去効果を発揮します。

 

2,低濃度オゾンと大量のマイナスイオンの混合気体はウイルスと反応すると酸素に戻ります。

  薬品によるウイルス除去ではないため、残留物などの心配がありません。

 

3, 低濃度オゾンと大量のマイナスイオンの混合気体がお部屋に行きわたるので、空間に漂うウイルス

    だけでなく、ソファーやテーブル、ドアノブなどの表面に付いたウイルスも抑制します。

 


新型コロナウイルスのオゾン不活性化に関するニュース


2020年8月26日 
      藤田医科大学 報道発表記事はつぎをご覧下さい。
2020年8月26日 
 NHKニュース                 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200826/k10012585481000.html

 

2020年8月26日 
           FNNニュース
●2020年5月14日 
         奈良県立医科大学 報道発表記事はつぎをご覧下さい。